【ひも靴の正しい履き方】かかとトントンを覚えよう!

こんにちは、小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です。

お久しぶりのブログになってしまい、大変申し訳ありませんでした。

少しずつにはなりますが、今後も皆さまに、より快適に靴を履いていただけるような情報を発信していければと思っています!どうぞよろしくお願い致します(*^-^*)

 

さて、今回のテーマは題名にある通り【ひも靴の正しい履き方】です。

ひも靴は元々サイズの微調整がしやすく歩きやすいデザインの履き物ですが、履き方のポイントを押さえるだけで、履き心地や歩きやすさが格段に変わります!

とても簡単なので、ぜひこの機会に知っていただければと思います(^^♪

今回お話するポイントは2つです。

 

では、さっそくポイントの1つ目ですが、いきなりクイズです!

「靴の脱ぎ履きがラクに出来るように、靴ひもをゆるく縛っておく」

これは正しい履き方or間違った履き方のどちらでしょうか?

正解は…間違った履き方です(+_+)

意外に思った人が多いのではないでしょうか。

 

靴は、もともと西洋から伝わってきた商品です。

西洋には「靴を脱ぐ=はしたないこと」という日本と違った常識があります。

そのため、ヨーロッパではシャワーと寝るとき以外は基本的に靴を履いて生活しています。

つまり、もともと靴は「長時間履きっぱなし」の前提でつくられました。

しっかりと靴ひもを結ぶことで、足が靴の中でずれないように機能するつくりなのです。

 

対して日本は「室内に出入りするたびに履きものを脱ぎ履きする」という生活スタイルです。

脱ぎ履きの機会が多いために靴ひもをゆるくしがちなので、靴のもつ本来の機能が活かせなくなっているのです。

 

ですので、ポイントの1つ目は「靴ひもはゆるくしないでしっかりと結ぶこと」です(^^)/

 

次にポイント2つ目ですが、再びクイズです!

「靴ひもを結ぶ前に“つま先”をトントンと地面に打ち付けて足の位置を調節する」

これは正しい履き方or間違った履き方のどちらでしょうか?

正解は…間違った履き方です(+_+)

正しくは、“つま先”ではなくて“かかと”です。

 

“かかと”をトントンと打ち付けて足の位置を調節するのが正しい履き方です。

履き始めに靴のかかと部分と足のかかとをピッタリと合わせることで、靴のつま先側に少し空洞が生まれます。この空洞は“捨て寸”と言って、1~1.5cmあるのが理想です。

(捨て寸については、また今度改めてブログに載せようと思います(^^))

捨て寸を確保した状態のまま靴ひもを縛ることで、靴の中の足の位置が理想的な場所に固定されるのです!

 

ドイツなど靴の技術が先進的な国では、小さな頃にこの履き方を習っています。

一方、日本では一般的にこうした知識は教わる機会がないので、なかなか浸透していません。

結果、靴が足の邪魔をしてしまい、靴に合わせて間違った歩き方をすることで、足や体に負荷をかけてしまいます。

 

ですので、ポイントの2つ目は「靴ひもを結ぶ前に“かかと”をトントンと地面に打ち付けて足の位置を調節すること」です(^^)/

 

以上をまとめますと…

①「靴ひもはゆるくしないでしっかりと結ぶこと」

②「靴ひもを結ぶ前に“かかと”をトントンと地面に打ち付けて足の位置を調節すること」

実際に①②に気をつけてお客様の靴を調節すると「同じ靴なのにまるで違う靴を履いたみたいに履きやすいね!」とおっしゃる方が多いです。

 

ぜひ一度、この2つのポイントに気を付けて履いてみてください(^▽^)

“かかとトントン”という呼び方にすると覚えやすいですよ♪

あなたの足元、見られています!

こんにちは(^^♪小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です。

 

先日、ふと靴にまつわるこんなお話を聞いて面白いなぁ~と思ったのでご紹介します。

それは「ホテルマンはお客様の靴を見て相手のレベルを値踏みする」というものです。

 

これに類似した話では、銀座の高級クラブのママさんもお客様の足元をさりげなくチェックするそうです。

あと、優秀な営業職の方はいつも靴の手入れを怠らず、履くものにも人一倍こだわっているのだとか(゜o゜)!!

個人的な解釈ですが、単に「高級な靴を履く人」が良いのではなく「足元の靴にまで気を遣って身だしなみを整えられる人」かどうかチェックしているのかなぁと思います。

確かに、着ている服は綺麗でも、靴のかかとがすり減っていたり、靴が汚れてヨレヨレだったりすると印象がガラリと変わりますよね・・・とても残念な印象です(/_;)

特にパンプスのヒールは体重が細い部分に集中してかかってしまう分、刷り減りが早くガリガリに削れている人をよく見かけます。

「どうせ足元なんか誰も見てないから、それより服装のほうに気を遣おう」という方が多いかもしれませんが、意外と足元の靴の状態は目に付く部分なのです。

逆に、年季の入った靴でもしっかりお手入れしてピカピカに磨かれていたり、かかとの修繕を綺麗にされていたりすると「物を大切に扱える素敵な人だな」と感じます。

 

靴は意外と他人から見られているアイテムの一つです。

まさに「おしゃれは足元から」ですね!

私自身、足元にも気を遣える素敵な人になれるよう日々意識しようと思います(*^_^*)ノ

 

今回のブログはここまでです☆

読んでいただき、ありがとうございました。

 

足の神様

こんにちは~(*^^)小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です!

 

靴屋さんをしているので、日頃からお客様と足の話をよくするのですが、先日面白いお話を耳にしました。

日本には足の効能があるお寺や神社がたくさんあるのだそうです。

興味が出たので調べてみたところ、なんと千葉県にもバッチリ私たちの足を守ってくださる観音様がいらっしゃいました!!

 

場所は千葉市花見川区、天福寺というお寺です。

 

花島公園の敷地内には川があり、そこに架かっている花島橋を渡ると天福寺に着きます(個人的には、花島公園自体もお散歩をしたら気持ちよさそうなので行ってみたいです^_^)。

そこに十一面観音菩薩の像が奉られてあり、別名を花島観音といいます。

 

ここでは年に一度、4月にある観音様の縁日にて出店で草鞋が売られます。

それは無病息災草鞋で、身体(特に足)の健康を願う人々が初年度に一足を買い、片足を仁王門に結び付け、もう片足は家に持ち帰って祭壇に飾ります。

そして次の年には、家で飾っていた草鞋を持参して仁王門に結び、また持ち帰り用に今度は片足だけ草鞋を買うのだそうです。

足の健康を願う方がたくさん訪れる場所なんですね~(#^.^#)

 

せっかく県内に足のご利益があるお寺があるので、今度私も行ってみようと思います!!

皆さまも、いつまでも元気な足腰で過ごせますように・・・(*^_^*)

 

本日の記事はここまでです☆

読んでいただき、ありがとうございました!

足の指を動かしましょう!!

こんにちは(●^o^●)

小さいサイズの婦人靴専門店のスタッフ山口です。

ムシムシじめじめしたお天気が続きますが、皆さま体調は崩されていませんか?

私は、スタミナ対策に夏野菜をたくさん食べて過ごしています!おかげさまで元気ですよ~(笑)

 

さてさて、題名の足の指のお話ですが、私自身もいま特訓中です(>_<)!!

足の指って、実は立ったり歩いたりする際にとても大切でぜひとも鍛えるべき部分なんです。

ヨガなどを体験したことがある方なら、きっと一度は足の指を意識するように言われた経験があると思います。

足指がうまく使えていないと、浮き指になったり、外反母趾になったり、筋肉が落ちて土踏まずのアーチが落ちてしまったりつまずきやすくなったり、歩き方がおかしくなったりと、色々なことが起こりやすくなります。

普段めったに意識しない部位だからこそ、意識的に動かそうとしないと本当に使えなくなってしまうんです・・・大変だ・・・(*_*;

 

では、どうやって足の指を動かしていくのかですが、私がやっている簡単な方法をお伝えします!

 

  1. 足の指の間に手の指を入れて、互いにぎゅっと握り合う。手と足で何回も握ったり緩めたりしながら、徐々に足の指を使う感覚を覚えていきます。ポイントは、しっかり指の付け根にまで指の付け根を入れること!
  2. 足の指でタオルを引っ張る。 椅子などに座って、足の指で手繰り寄せる特訓を行なってください。
  3. 指を一本ずつ引っ張ったり、土踏まずやかかとを押す。 指だけでなく、ツボがいっぱいある足の裏全体をマッサージのように刺激しましょう。
  4. ペディキュアパッドをはめる。超オススメ裏技です(笑)。100円均一などに、ペディキュアを足の爪に塗るとき用に売っている足にはめるパッドを付けることで、自然に足の指に開き癖をつけられます。個人的には柔らかめの長時間つけていても痛くない素材が好きです。テレビを見ているときや身支度しながらなど、ついでに訓練しちゃいましょう!

 

他にも方法はありますが、私でも続けられる簡単なものを挙げてみました(*^^)v

足の指を意識したことのなかった方は、ぜひお試し下さいね☆

 

今回のブログはここまでです(^.^)

ありがとうございました!

 

春カラーの綺麗な靴がたくさん入荷しました!

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です(*^^)

4月になり、新年度で気分もなんだか真新しくてすがすがしい今日この頃です☆

皆さまもお元気でお過ごしですか?

 

ユニシューズの店内も、春色の可愛らしいカラーの靴のおかげですっかり春モードになりました!

冬場は暗めの色合いがメインだったのに比べ、この春はホワイト、パステル調の淡いピンクグリーン可愛いくすんだイエローなどなど、まるでお花畑のような色が並びましたよ~(*^_^*)

靴のタイプも、コンフォート、夏も活躍しそうなサンダル、通気性の良いデザインのものなど幅広くご用意しております♪

 

こんな可愛い靴を履けば、気分も明るくなってどこかへお出かけしたくなること間違いなしです!!

ぜひ、皆さまも足元から春モードへチェンジしてみませんか(^o^)?

 

試着時の靴下のお悩み

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です。春も目前の季節の変わり目ですが、皆さま体調を崩したりされていませんか?日によって寒かったり暖かかったりするので、お互い気を付けましょうね(^o^)

 

さてさて、3月のユニシューズは、春に向けて新しい靴を探しに来られるお客様がたくさん来てくださり本当に嬉しい限りです(*^^)ありがとうございます!!

そんななか、最近私がお客様とお話していて気になったことがあります。それは・・・試着時の靴下の厚さ(もしくは枚数)です!

今はまだ寒いので厚手の靴下やストッキングを履いていたり、靴下を二枚かさねしていらっしゃる方が多いのですが、探しに来たのはこれからの季節(春)に履く靴とのことで、サイズが微妙なときに悩んでいる方がとても多いのです(>_<)でも、ご安心下さい!!お店のほうで、試着時に試し履きできる薄手のストッキング生地の靴下をご用意していますので、お手間でなければ履き替えてサイズをみていただくことが出来ます(^^♪

 

私達も、お客様には納得のいくサイズ感の靴を選んでいただきたいので、ぜひお気軽にご利用ください☆

 

 

冬物セール&リクルートパンプスのコーナー実施中です(*^^)

こんにちは~☆小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です。だんだんと暖かい日差しが多くなってきましたね!和むと同時に花粉症に悩まされている今日この頃です^_^;(笑)

 

さて、ユニシューズでは今月から冬物全品20%OFFセールが始まりました!サイズは現品限りになりますが、人気のショートブーツやロングブーツ、スニーカータイプのものやパンプスなどなど、早い者勝ちになります!この機会にぜひ可愛いお靴をお買い得でゲットされてはいかがでしょうか。

 

また、お客様からお問い合わせやご要望が多かったリクルート向けのシンプルな黒パンプスを新しく入荷致しました!!就職活動を頑張る学生さんやこの春から就職する新社会人の皆様にオススメの、履き心地の良いお靴をご用意してお待ちしております(*^_^*)

冠婚葬祭にも使用できるようなシンプルなデザインですので、もしお探しの方は併せて参考にしてみてください。

 

季節ごとに変わっていくお店の雰囲気に、私もワクワクしています(^^♪

来て下さったお客様がニコニコ笑顔で帰っていただけるお店になるよう、これからも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

健康に一足!五本指ソックスの魅力

こんにちは~!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です。最近のマイブームはコタツです☆あのポカポカの誘惑にやられて、ついついうたた寝してしまうことが悩みですが・・・。

 

今回のブログは、もう一つのマイブーム、五本指ソックスについてです(*^^)v

以前から流行っているので今更?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は私、今年初めて五本指ソックスを購入したのです。感想は・・・「めっちゃ快適(>_<)!!!」でした(笑)。なんていうか、靴の中で指先が自由に動かせるのが新鮮です。家に帰っても足がサラサラしていて気持ちが良いし、もっと早く履いてみればよかった~と思いました。

 

五本指ソックスについて調べてみると、単に快適なだけではなく、たくさんのメリットが詰まったかなり画期的な靴下だとわかったので、簡単にまとめてみたいと思います!

 

メリットその1、指先を締め付けない

→足の指が本来の裸足に近い形で維持できる。

 

メリットその2、バランスを取りやすい

→それぞれの指が自由に動かせるので、個々が床をしっかりつかむことが出来る。

→けがの予防やスポーツのパフォーマンス向上に繋がる。

 

メリットその3、水虫の予防になる

→指の湿気がこもりにくい(水虫の原因の菌は、多湿だと増殖する)。

→すでに水虫があっても、他の指に移らない。

→さらに、指の間の汗を吸収するので靴の匂いも少なくなる。

 

メリットその4、血行が良くなる

→足の指を広げるので、血のめぐりが良くなる。

→指先が各々分かれている方が、各指への刺激も高まる。

→指一本一本を布で覆うため、普通のソックスより保温効果がある。

 

メリットその5、豆が出来にくい

→指を個々でくるむので、豆が出来にくい。

→長距離を走るランナーに人気が高い。

 

メリットその6、外反母趾・偏平足の予防になる

→指をしっかり使うことで、外反母趾や偏平足に繋がる筋力の衰えを防ぐ。

 

すごくないですか?ここまで知って、流行るにはやっぱりそれなりの理由があるんだなぁと感動しました。これからも履き続けようと思います!!

まだ五本指ソックス未体験の方は、ぜひ一度試してみてくださいね~(^o^)

 

本日はここまでです☆読んで頂き、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

良いお年をお迎えくださいませ

小さいサイズの婦人靴専門店UNISHOESの吉野です。

今年4月にオープンした当店ですが、今年は予想以上に反響を頂き、嬉しく思います。

春からいろいろなお客様とお話させて頂いたことを活かして、

来年はもっともっとたくさんの方に合った靴をご提供できるように工夫していけたらなと思います。

まだお店に行った事ないよ~って方はぜひ!来年こそは足をお運びくださいませ~

スタッフ一同こころよりお待ちしております。

それでは!来年のUNISHOESもどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。

除湿は0円で!!オススメ靴の湿気取り

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です(#^.^#)
お久しぶりのブログになりましたが、皆様お元気でしょうか?

さてさて、今年は連続する台風の影響もあって、なんだか湿気のすごい日々が続いていますよね・・・。以前のブログでも何度か触れていますが、靴にとって湿気はめっちゃ大敵!!なんです(>_<)残念なことに、連日のジメジメ天気はせっかくの大切な靴が傷んでしまうピンチでもあったのです。
靴の湿気取りはもちろん市販の除湿材でも出来ますが、私の個人的に一番オススメの除湿グッズは、誰でも簡単に手に入る『アレ』・・・そう、新聞紙です!(^^)!脱いだ靴のなかに丸めた新聞紙を入れておく、たったこれだけの簡単対策なんですよ~♪

この新聞紙、実は湿気取りに適する理由がいっぱいあります!!

その1、新聞紙の表面は凸凹があり、普通の紙よりも表面積が広いので水分を吸収しやすい!

その2、新聞のインクは程よく油分があるので、特に革靴には適度な潤いを与える!

その3、新聞のインクの原材料であるカーボン(炭)には脱臭効果があるので、靴の湿気だけでなく悪臭も吸い取ってくれる!

その4、ある程度成形してから靴に入れれば、靴の型崩れ防止にもなる!

その5、読み終えたものを捨てる前に使うので、実質0円&エコ!!

・・・などなど(*^^)v特にお金がかからないなんて、なんて優秀なんでしょうか(笑)!

ただ、二つだけ注意していただきたいことがあります。それは、①湿気を吸った新聞を入れっ放しにしないこと(逆に、新聞紙の湿気が靴へと戻ってしまいます。定期的に交換してくださいね)、②雨などで靴がびしょ濡れの場合は、まずはタオルなどである程度水気を取ってから新聞紙を入れること(あまりに靴がびちょびちょだと、新聞紙のインクが靴に移って黒くなることがあります)です。

いかがだったでしょうか。身近にあるものを上手く活用して、大事な靴をキレイで清潔に長持ちさせちゃいましょう~\(^o^)/

本日はここまで・・・ありがとうございました!!