プレオープン終わりました~!

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの吉野です

3月のプレオープン、本日で終了いたしました!
予想以上にたくさんのお客様に足を運んで頂き、嬉しい限りです。
本当にありがとうございます。

みなさん、口をそろえておっしゃるのは「本当に22cm以下のサイズの靴は店頭では置いていない」ということ。
スポーツメーカーさんのウォーキングシューズは22cmから作られているものも少なくないはずなのですが…。
置いてないのですね…。

需要が少ないからって切り捨てることないじゃないの…!必要な人が居るのに~!と、なんだか悲しい気持ちになったり…。

靴が足に合うか合わないかで、ちょっと出かけるときの気持ちもだいぶ違うと思うのです。
せっかくのお出かけや、毎日のお買い物をちょっと気持ちよくできる。
そんな歩きやすい靴に出会って頂ければ幸いです。

まだまだ規模も小さいですし、商品点数もものすごくたくさん!というわけではないのですが、いろいろ試し履きをしてみたり、どんな靴が欲しいのかとか、いろいろお話を聞かせてください

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

靴の言い伝え

突然ですが、物事の処理などを相手に一任することのたとえで「下駄を預ける」という言葉があります。ボクは毎日いろいろな人に体全体を預けているような気がする今日この頃です。ハイ。

日本は下駄や草履を履く風習だったため、『UNISHOES』で取り扱う靴に関することわざや言い伝えは少ないようです。

そこで、7回目のブログは“靴に関するヨーロッパの言葉”を紹介したいと思います。

下駄と靴の違い

「勝負は下駄を履くまで分からない」ということわざがあります。勝ち負けはすべてが終わってみるまでは分からないという意味です。

囲碁や将棋の対戦の席から下駄を履いて帰ってしまったら勝負は確定するけれど、それまではお互いどんな手を考えつくのか分からないというのが由来。
負けたと思って下駄を履きかけた時に、もの凄く良い手を思いついて大逆転することもありえるということです。

ちなみに、チェスは靴を履きながらプレイすることが多いので「勝負は靴を履くまで分からない」とはなりません。

今回のブログでは靴に関するヨーロッパの言葉をご紹介。『UNISHOES』で靴を選ぶ時に思い出してもらえると嬉しいです。

 

素敵な場所と幸せをもたらす

イタリアには『素敵な靴を履くと素敵な場所へ連れて行ってくれる』という言葉があるそうです。

言葉の意味は「くたびれた靴では、くたびれた靴が似合う場所へしか行けない。しかし、素敵な靴を履けば、自然と素敵な靴が似合う場所へ向かうことになる」ということみたい。

確かに新品の靴を買うとどこかへ出かけたくなりますよネ。迷信だとしても良い言葉です。

さらに、フランスでは『靴が幸せになれる場所へ連れて行ってくれる。だから女の子は素敵な靴を履くと幸せが訪れる』という言い伝えがあります。
靴が履き主を幸せへ導いてくれるというニュアンスです。

 

ラッキーアイテムと意識

上記のイタリアとフランスの言葉から、ヨーロッパでは靴を“幸せを導くラッキーアイテム”なのだと意識しているように感じます。

もし、『UNISHOES』をご利用の皆様がどちらか2足の靴で迷った際には、
「どちらの靴が素敵な場所へ連れて行ってくれそうか?」
「どちらの靴が幸せになれそうか?」
──と、靴を“ラッキーアイテム”なのだと考えて選択するのも大アリだと思う今日この頃です。

また見つけた!

みなさんこんにちは。代表の大住です。

先日、ユニシューズのお店用に、駐車場を増やしました。不動産屋さんに行って契約してたところ不動産屋の人から何のお店ですか?と聞かれてチラシを渡したんです。そうしたら、「あら、私21㎝なのよ」と。ここにも小さい足の人見つけました。近くなので早速見に来ていただけるようお願いしてきました。

その方もいつも靴がなくて困っているそうで、すごく喜んでくれました。が、同時に「小さいサイズだけでそんなにお客さん来るの?」と突っ込まれました。確かにニッチな分野なので心配されても仕方ありません。。。

なので、たくさんの方に知ってもらえるよう努力していきます。2万枚作ったチラシもみんなで頑張ってポスティングしています。5000枚は新聞折り込みに入れますが、残りはみんなで頑張って配り切ります。

このブログをご覧いただいてる方も、お近くの方はぜひ遊びに来てください。足のサイズを無料で測定しますよ。

ご来店ありがとうございます!

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの吉野です!

プレオープン4日目でした!
ありがたいことに、足を運んでくださるお客様が必ずいらっしゃいます。

みなさまのお話を聞かせて頂くと…。
ほんとうに困ってらっしゃるのですね…。
困っている方が多いだろうと始めたお店ですが、来店される方から実際にお話を聞くと改めて実感がわいてきますね。

やっぱり靴は履いてみないとね!とみなさんおっしゃいますね。
そうなんです…。
サイズが分かってても履いてみないと合うかどうかわからないんですよね。

なので、履いてみるだけでも、是非お気軽にご来店くださいね。

3つの靴の日

コンニチハ、リバー島です。
ブログをご覧の皆様はホワイトデーや結婚記念日、国民の祝日などの記念日をキチンと祝っていますか? ボクは過去に嫁の誕生日をド忘れして怒られた経験があります。ハイ。
今回のブログは豆知識として“靴に関する記念日”を紹介したいと思います。

 

靴に関する記念日

1年365日すべての日が『○○の日』と名付けられていることをご存知ですか?     毎日いろいろな記念日がありますが、今回は靴に関する記念日を調べてみました。世間一般ではあまり知られていない靴の記念日を3つご紹介。記念日は特別な由来があるもの以外は、語呂合わせによる制定が多いみたいですヨ。
靴の記念日

3月15日は日本靴連盟が1932(昭和7)年に制定した『靴の記念日』です。    1870(明治3)年のこの日、東京・築地の入船町に日本で初めて西洋式の靴の工場「伊勢勝造靴場」ができました。国内で靴の製造が始まった日が靴の記念日というワケ。    工場ができたキッカケは、輸入した軍靴が大きすぎるので日本人の足に合う靴を作るため。陸軍の創始者・大村益次郎が千葉県佐倉の藩士・西村勝三に勧めて工場ができました。最初に大量生産されたのは軍靴でしたが、紳士&淑女の靴も造られるようになったということです。

 

ダイアナくつの日

9月2日は東京の銀座に本店を置くダイアナ株式会社が1992年に制定した『ダイアナくつの日』。
同社は婦人靴を中心としたオリジナルブランドの販売を全国展開。ダイアナの靴の素晴らしさをより多くの人に知ってもらうのが目的。日付は9と2で「靴(くつ)」と読む語呂合わせ。

ちなみに9月2日は「く(9)じ(2)」の語呂合わせで宝くじの日にもなっています。

 

キャタピラン(靴ひも)の日

9月21日は千葉県船橋市に本社を置く株式会社ツインズが制定する『キャタピラン(靴ひも)の日』。
同社はさまざまな生活雑貨を企画・開発・販売。自社商品の結ばない靴ひも「キャタピラン」を通して“靴ひもの大切さを広める”ことを目的に同記念日を制定。
靴ひも「キャタピラン」は、ゴムひものような伸縮性と締め具合を自在に調整できるコブ状のふくらみが特徴。そのため、靴を履く時に靴ひもを緩める必要がなく、靴を脱ぐことが多い日本人にはとても便利な靴ひもです。    日付は9と21で「くつ(92)ひ(1)も」の語呂合わせから。

 

婦人靴の日?

いずれ、小さいサイズの婦人靴専門店「UNISHOES」も日本記念日協会に登録申請をして記念日を制定したいものです。
たとえば、2月29日を「ふ(2)じ(2)んく(9)つ」の語呂合わせで『婦人靴の日』とか。閏日なので4年に1日しか訪れないですが……。

プレオープン

こんにちは、代表の大住です。

さていよいよ3月4日より小さいサイズの婦人靴専門店「UNISHOESユニシューズ」がプレオープンいたしました。

2万枚作ったチラシは、スタッフみんなで手分けして配っておりますが、配れたのはまだ8000枚ほど。残り1万2000枚ありますので、グランドオープンまでに配りきれるように頑張ります!それと地域新聞に広告を載せました。3月4日号と25日号の予定です。

とまぁ、告知があまりできてない状況ですが、プレオープン初日、2日目ともにお客様の来店がありました!ありがとうございます。

今回来店されたお客様との会話を聞いて思いました。やっぱりご自分では22.5cmと思っている人が22cmで履けるんです。ゆるい靴は体に悪影響があることは間違いありません。
22.5cmと思い込んでいるお客様をもっとお店に呼びたい!そう思ったとき、「22.5cmの靴を置いていないとそういうお客様はこないぞ」ということに気づきました。

最初の考えが足りなかったです。

ということで、22.5cmの靴も発注いたします。グランドオープンまでに間に合うかわかりませんがとにかく急ぎで発注いたしますので、22.5cmと思っていらっしゃるお客様もぜひ足を運んでみてください。

それでは皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

小さいサイズの婦人靴専門店 ユニシューズ 代表 大住慎一郎

小さいサイズの婦人靴専門店 UNISHOES<ユニシューズ>オープンしました!

2016年4月!実店舗をオープン致しました!

20.5cm~22.5cmまでの靴を揃えております!
履いてみるだけでも構わないので、自分の足に合うサイズの靴を試しにいらしてください。どんなことで困ってるか、どんな靴を探しているか、是非聞かせてください。
小さいお店だからこそお客様の声をよく聞いて、ご希望の靴と出会えるようお手伝いさせて頂ければと思っています。営業日は火曜日・木曜日・金曜日・土曜日の週4日です。
ご確認の上お越しください。

心より、お待ちしております。

店舗写真


〒264-0025
千葉県千葉市若葉区都賀3-19-1パープルヴィレッヂ1F
Googlemapで見る
TEL:043-309-8814 FAX:043-309-8824

営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜・水曜・日曜・祝日


 

車からmap

お車でお越しの方

マルエツさんとガストさんの間の信号を都賀駅方面に曲がって、
ひとつ目の角です。

駐車場もございますので、お声掛けください。

徒歩でmap