靴を長持ちさせるのに大切なこと

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの山口です。

いよいよ先週末から待ちに待ったオリンピック&夏の甲子園がダブルスタートしました~\(^o^)/実は私、自分で運動するのは苦手ですが、スポーツ観戦はめちゃくちゃ好きなんです!!今年もテレビの前で熱く燃える夏になりそうです(笑)!

では本題です。以前、素足で靴を履くと良くないという話でも軽く触れましたが、今日はもう少し掘り下げて、靴を長持ちさせるために何が大切かについてお話しようと思います。

いきなり回答を言いますと、ズバリ「靴は毎日履き替えて長持ち」です!

私たちが一日歩くと、なんとコップ一杯分の汗をかきます。この汗の水分が、靴にとっての大敵なのです。しっかりと乾かすことがポイントですが、翌日また同じ靴を履いてしまうとこれらの汗が乾ききらず、さらに新たな汗が出ることで素材がどんどん劣化してしまいます・・・(~o~)ですので、しっかり靴を休ませて乾燥させてあげるために、連日で同じ靴を履かないことが大切なのです。靴を乾燥させることで菌の繁殖も抑えられるので、まさに一石二鳥です!
余談ですが、足のサイズに合っていない靴を履くと歩き方がおかしくなって余分な汗をかきやすくなり、
靴の傷みも早くなるので注意してくださいね。

靴の水分を防ぐという意味で、雨の日に履いた靴をしっかり手入れすることは、型崩れや痛みの防止に繋がります。驚くことに、雨の日に一日靴を履くと、晴れた日に一ヶ月靴を履くのと同じくらい消耗すると言われています。なるべく早めに水分を取り除いてあげましょう。
細かなお手入れが苦手という方は、新品の靴にあらかじめ靴クリームや防水スプレーをしておくと、かなり効果的ですよ(*^^)v

よく履く時期は靴を箱へと戻さずに乾燥させて保管し、履かなくなるシーズンになったら箱へ入れるようにしてください。

ざっとお話しましたが、靴を長持ちさせるにはとにかく水分を取り除くことを意識してくださいね(*^。^*)
本日はここまで・・・ありがとうございました!

ストラップ付きの靴の魅力

おはようございます!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの山口です(^_-)-☆
最近、よくテレビやラジオで花火大会の話題が流れていて、すごく行きたい衝動に駆られています!!皆さまは、もうどこかの花火大会に行かれましたでしょうか?

では本題です。本日は、私のおすすめストラップ付きの靴のいいところをお伝えしていきたいと思います。

靴のストラップは、脱ぎ履きが面倒くさくて・・・と犬猿される方もいらっしゃいますが、実はそれ以上に魅力がいっぱいある素敵な一足です(#^.^#)
まず、どんな方におすすめしたいかというと、足腰にあまり自信のない人、また足のサイズや幅・カカト・甲などで合う靴がなかなか見つからない人には特におすすめです!

足に合っていない靴を履き続けたせいで姿勢が悪くなったり、歩くときにプカプカの靴をかばうせいで歩き方がヘンになって癖付く方も結構いらっしゃいます。これがひどくなると、筋肉や骨が変形して痛みが出たりもします。なにより、足に合っていない靴を、足元をかばいながら歩くのって本当につらいですよね(>_<)
ストラップの付いた靴は、紐靴と同様これらの負担を減らすことが出来ますし、何より歩いていて足元の安定感が抜群になります!!

一言でストラップといっても、実は色々なデザインのものがあり、それぞれ見た目が可愛いだけではなく色々な特徴があります。

たとえば、足首のストラップ(アンクルストラップ)は、ふくらはぎや足首が太めの人は嫌がることが多いですが、選ぶデザインによってほっそり見せることも可能です。なるべく太いストラップのものを履けば、目線がストラップへ移るのでふくらはぎが目立たなくなり、足首をキュッと細く見せてくれます(*^。^*)ノ

足の甲でクロスしているデザインのストラップは、同じく足首が太いのが悩みの人におすすめで、履くと足にメリハリが出ます。また、外反母趾の人は骨の部分が開いているデザインのクロスストラップのサンダルを履くと痛みもなくラクだとお聞きします。

最近よく見かけるT字ストラップの靴も、縦ラインを作るので足長ほっそり効果がありますよ~(色味が濃い縦ラインだと、より効果的です♪)!!

ほかにも色んなストラップ靴があり、それぞれ魅力的ですので、よかったら始めから犬猿せずに一度試着してみてください(*^^)v意外と履き心地が良くてお気に入りの靴に出会えるかもしれませんよ☆

では、本日はここまで・・・ありがとうございました!!

夏の靴の履き方のちょっと怖い話

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズスタッフの山口です(*^。^*)先日の丑の日にめちゃくちゃ美味しいうなぎを食べたおかげで、元気モリモリに8月を迎えました~!!(笑)

さて、本日は夏ならではの、靴の履き方について話したいと思います。しかも、知らずにいるとちょっと怖い(?)お話です。この季節、つい靴を素足で履いてしまうという方はいらっしゃいませんか?サンダルは通気性を考えて作られているので問題ありませんが、普通の靴を素足履きしていると想像以上に良くないことがいっぱいでした(゜o゜)!!
靴下やストッキングの役割ですが、実はかなり重要です。たとえば・・・
●靴と素足との間に入ることでの緩衡材の役割をもっている。
●暖かい温度を保つ保温作用がある。
●足裏の汗を吸収し、靴を乾燥させることで通気性を良くする。
→補足ですが、足は身体のなかで一番汗をかく部分です。また、足の指の内側の汗を放置していると老廃物がたまり、異臭がしたり水虫になったりします!
●靴の外に出ている皮膚の部分を保護する。
●靴と足との摩擦を軽減してくれる。
→靴と足の摩擦が多いと靴が型崩れを起こしやすく、摩擦により中敷きが傷み、靴が足の汗を吸うことで雑菌が繁殖するなどして、靴の寿命が短くなってしまいます。

・・・ということで、素足で靴を履くと上記の役割をしてくれるものがない状態になります。つまり、靴が臭ったり形が悪くなったり汚くなったりするうえに、足裏までも硬く汚くなっていくのです(T_T)ついついズボラにやりがちな素足履き、なるべく避けて足と靴に優しい習慣を付けていってくださいね!!

ご存知ですか?靴の作法~玄関での脱ぎ履き~

こんにちは~!!小さいサイズの婦人靴専門店ユニソルのスタッフ山口です。

先日、今年初のカキ氷を食べて、すっかり夏気分に突入しました (^^♪暑い日に食べるひんやりしたものって、なぜか数倍増しで美味しく感じますよね~!!

さてさて、本日は靴の玄関での脱ぎ履きの作法のお話です。他の人の家に伺った際、実は礼儀として正しいとされる脱ぎ方があるのはご存知でしょうか?初めて聞いた!という方は、ぜひ豆知識として覚えておいてくださいね(#^.^#)
まず、基本の自分ひとりの場合です。一番大切なのは、「相手に対してお尻を向けない」ということ!玄関から入ったまま前向きで靴を脱いで上がり、後ろを向き、正座orき座(ひざをつく状態)で姿勢を正して靴を揃え、下駄箱のある側(=その玄関の下座になります)へ置いてください。コツとしては、背筋を伸ばし、左手をひざ上に置き、右手で靴を揃えると見た目が美しいです!
次に応用編として、ご夫婦など二人で伺った際の作法です(^_-)-☆二人だと時間がかかるので、先に一言おわびを添えると焦らずにふるまえるので丁寧で良いそうです。ご主人が先に脱いで、奥様がご主人の分も揃えてから上記の要領ですみやかに対応してください。

いかがだったでしょうか?ちょっとしたコツだけで、丁寧で礼儀正しい作法になるので、機会があればやってみてくださいね!(^^)!

先入観で損したこと

こんにちは!!
小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの山口です。最近は日によってお天気がコロコロ変わるので、体調管理に気をつける毎日です・・・皆さんもお気をつけくださいね(>_<)

さて、実は先日、初めて成田山の新勝寺に行ってきました。そこで、地元で評判な鰻屋の川豊さんというお店に行き、特製のうな重をいただいてきました~めっちゃくちゃ美味しかったです(*^▽^)vちゃんとした鰻って、身がほこほこプリッとして食べ応えがすごいですね!!ぜひまたリピートしたいと思っています。
美味しい鰻をいただきながら、そういえば昔は鰻が苦手だったなぁということを思い出しました。小学生のときに、魚の小骨が喉にささり耳鼻科で取ってもらってから、すっかり魚の骨が怖くなったのです。当時の私にとっては、鰻=小骨のかたまり(←失礼)というイメージが強過ぎて、しばらく食べられませんでした(/_;)
大人になって何かのきっかけで鰻にチャレンジしたところ、ちゃんと噛めば骨なんて全然たいしたことないし、こんなに美味しい食べ物だったのか!!と、それまでイメージで毛嫌いしていたことにショックを受けました。

そういえば、他にもいろいろ先入観が覆ったモノや出来事はたくさんありますね。
食べ物なら、仙台へ行ったときに食べたホヤ(海蛸と書きます。貝やナマコに見えますが、実は脊索動物。見た目のインパクトと香りで好き嫌いがけっこう分かれます)です。最初は見た目と色に衝撃を受けて手をつけませんでしたが、最終日に思い切ってチャレンジしたら美味で驚きました。こんなことなら初日から食べておけば良かった・・・と後悔。
モノならiPhoneです。私は機械や家電の扱いが苦手で、携帯電話に新しい機種が出ても、使い勝手が変わるくらいなら極力今までの物を使いたい!という堅い頭の持ち主でした。周りが次々にスマホへ切り替えるなかで、理由もなく何年か頑なにガラケーを貫いていました。必要があり仕方なくiPhoneに切り替えたところ、その使いやすさにビックリ!!なんで今まで意固地に新しい機種を試さなかったのだろうと、またまた自分の先入観に後悔しました。

極めつけは、東京に対するイメージです。
私は出身が大阪で、仕事で初めて東京へ転勤しました。行くまでは、「東京の人はクールって聞くから怖そう・・・」「関西弁を封印しないと、きっと嫌われる!」「ギャグとかノリが合わなかったら辛いなぁ」などと勝手に悩んでいました(←やはり失礼。本当にすみません!)しかし実際には、本当に優しい人たちにたくさんお会いしました。道に迷っていたとき急いでいるにも関わらず逆方向へ道案内してくださる方もいましたし、お客様の家が見つからず困っていたら、乗っていたタクシーの運転手さんがメーターを止めて10分くらい一緒に探してくださったりもしました。見知らぬ私に親切にしてくださる方々の優しさに触れて、自分の浅はかな思い込みと先入観がすごく恥ずかしかったです。

悲観的な先入観はどうしても持ってしまいがちですが、勇気を持ってチャレンジすれば覆ることも多いと思います。万が一、挑戦してやっぱり思い通りだったとしても、その失敗で受ける損害って意外とたいしたことはありません(^_-)-☆なぜか私は歳を重ねるほうが昔より頭が柔らかくなってきたようですので(笑)、相変わらず苦手なことはたくさんありますが、なるべく先入観を持たずに色んなことにチャレンジしていこうと思います。

読んでいただき、ありがとうございました!!

早起きは徳 何文??

こんにちは!
小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です。今日は、今朝のちょっとした出来事をテーマにお話します。

うちの近所には主人のおばあちゃんが住んでいて、よく庭の畑で採れた野菜をもってきてくれます。今朝も出勤準備をしていると、玄関から私を呼ぶ声。出て行くと、そこには掘りたて新鮮なじゃがいもを持ったおばあちゃんがいました。お礼を言ってからふと気付くと、おばあちゃんはすでにばっちりヘアセットしていて、服装も綺麗なシャツにスポーティなパンツ姿です。聞くと、これからグランドゴルフの試合があるとのことで、元気に出掛けていきました。

そのときのおばあちゃんの後ろ姿は、朝日に照らされてすごく爽やかでキラキラしていました。対して私は、メイク途中で寝癖アタマに部屋着姿です。別に寝坊したわけではありませんが、おばあちゃんは私が寝ているあいだに既に起きていて、畑でじゃがいもを掘って、綺麗に身支度を整えて、きっと美味しい朝ごはんもしっかり食べて、それでも余裕でうちに野菜を届けてくれて、これから楽しいゴルフに出掛けたんだなぁと思うと、なんだか今朝のおばあちゃんがとても有意義な時間を過ごしたような気がしてうらやましかったです(#^.^#)

“早起きは三文の徳”(得でも意味合いが同じなので、どちらとも書くみたいです)といいますが、この三文とは一文銭が三枚のことで微々たるものの例えです。今朝は駅まで歩きながら、もし今朝、私もおばあちゃんみたいに早起きしていたらどれくらい得があったかな~と考えてみました。

●起床時間ギリギリに名残惜しくふとんから出なくても、余裕をもってゆっくり起きられる。
●メイクとヘアセットに時間をかけられる(昔は起きてから15分で家を出ることができるのは特技だと思っていましたが、かなり恥ずかしい勘違いですね(゜o゜)!!)。
●バランスの取れた素敵な朝ごはんが用意できる。そして美味しい(^^♪
●帰宅後にする家事を前倒しでできる。
●通勤中にも普段よりゆとりがあれば、新しいお店や季節の花に気付けたりもする。
●万が一電車が大幅に遅れても、時間と気持ちに余裕があるのでイライラしない。

ざっと挙げても、三文以上に得することがいっぱいある気がします。ビジネス書などを読んでも、仕事のできる人は他人より早く出社するとよく書いてありますよね。仕事をする上でも、準備に時間をかけたときはたいてい上手くいったりしました。なにより、朝から気持ちにゆとりが生まれれば、その日一日いいことがたくさん起こりそうなポジティブな気分で過ごせます。
もともと早起きは得意ではないですが、おばあちゃんを見習って、明日から私も少しずつでもゆとりのある素敵な朝を過ごせるように頑張ろうと思います!

本日はこのへんで、ありがとうございました(*^_^*)          山口

はじめまして!

はじめまして!
4月から小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズに仲間入りした山口です。
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

さて、記念すべきブログ第一回目のテーマは何にしようかな~と考えまして、今回は私のお気に入りの靴についてお話したいと思います。

その靴は、私が社会人になって初めて友人の結婚式に行くために探したフォーマルな靴でした。黒色のパンプスで、かかと部分がウエッジソール(靴底の土踏まずの部分がへこんでおらず、かかとに高さがありつま先へ向かって低くなるデザイン)になっています。つま先部分は銀と紫のスパンコールや綺麗な石で飾られていて、甲にはベルト付き、かかとも本体同様に黒く塗られています。
さほど目立つデザインではないのに、何故か私の目はその靴に釘付けになりました。お値段を見ると新社会人にはとても高価なものでしたが、試着してみると本当に履き心地も最高で足にピッタリ!!偏平足傾向の私が生まれて初めて履いて心地よいと感じたヒール靴で、迷わず購入しました。
この靴を履いて出掛けるときはなんだかとても楽しい気分になったり、コーディネートの最後にピリッとアクセントを加えてくれたり、歩いていても背筋までピッと伸びる気さえします(^^♪大切に何度も何度も履いたその靴は、お手入れをしながら今も靴箱のなかに並んでいます。

とっておきの一足との出会いは、履く人の毎日を彩り、豊かにしてくれると思います。
お客様のお話でも、足が疲れやすくて遠出を諦めていたのに、すごくラクな靴と出会ってから気兼ねなく旅行に行けるようになった方や、普段履かない明るい色の靴を思い切って購入したらお友達に褒められて嬉しくなったという方など、いろんなエピソードを聞いたりします。

私が働くユニシューズにも、本当に素敵な靴がたくさんあります。もしかしたら、今まで足が小さくて自分には合う靴がないと悩んでいた方の“運命の一足”もここで待っているかもしれませんよ(^_-)-☆ぜひ、お気軽にお越しくださいね!!

本日はここまで・・・ありがとうございました!   山口

タコとウオノメ

コンニチハ、リバー島です。すっかり春らしい暖かい季節になってきました。ブログをご覧の皆様もハイヒールやパンプスを履く機会が多くなると思います。

今回のブログは、ハイヒールなどカカトの高い靴を頻繁に履く方が困っている可能性の高い“タコとウオノメ” についてご紹介。数や痛みの度合いは個人差があると思いますが、女性ならスッキリさせたいお悩みのハズ(?)です。

足底にできたのがタコなのかウオノメなのか分からなければ適切な対処ができません。足の裏の痛みをかばって生活をすると、体の重心のバランスが崩れて腰痛などを招いてしまう可能性があります。

まず、それぞれの特徴と見分け方をご案内します。

 

角質が硬くなってタコ

タコは圧力のかかった部分の角質が異常に厚くて硬くなった状態。

硬くなった箇所は黄色っぽい色をしています。よほど悪化してヒビ割れたりしていなければ、普段は痛みません。しかし、長時間の歩行時などには熱を帯びて痛みます。角質が厚くなることによって感覚が鈍くなることも多いようです。

カカトの高いハイヒールは、靴の中で足が滑って指の付け根で踏ん張るクセがついてしまいます。同じ箇所に繰り返し強い圧力がかかると皮膚は防御反応として厚くなるので、足の親指や小指の付け根にタコはできやすいです

 

芯があるウオノメ

ウオノメはタコ(皮膚の表面が硬くなった部分)の中央に丸い芯があります。それが目のように見えるのでウオノメ(魚の目)と呼ばれています。

タコにねじれが加わると、角質層が皮膚の内側へ向かってくさび形に入り込みます。これがウオノメの芯で、先端が尖った円錐形のものが皮膚の内部深くに入り込んだような状態。その芯の先端が表皮の内側にある真皮まで伸びると、真皮には神経が走っているので強い痛みに襲われます。

 

圧のかかる状況を改善

タコは芯がなく、あまり痛みません。ウオノメは芯があり、歩行などで圧力がかかると痛みをともないます。

タコとウオノメは圧力がかかる角質が硬くなってできるので、予防のために重要なのは局所的に圧力のかかる状況を改善することです。

具体的な予防策として、
①指の付け根に圧が集中するようなハイヒールをやめてカカトの低い靴に替える
②足底に負担のかかる底の薄い靴を避ける
③地面からの衝撃を和らげるインソール(中敷き)を使用する
④体重が局所的にかからないように立ち方や歩き方を改善する
⑤圧が強くあたる部分に保護パッドを貼る
⑥足底のサイズに合った靴を履く
──等の方法を試してみるのも一案。

そもそも足の裏の皮膚が部分的に厚くなっていたら、足がトラブルを抱えている兆候。しっかりと未然にケアをすることが大切です。

 

タコとウオノメの治療

タコの治療はカミソリによる自己処置は危険なので、ヤスリで角質を削る方法がオススメ。角質を削るヤスリはフットケア専用のモノがドラッグストアなどで売っています。

一方、ウオノメの治療は薬局で売っている貼り薬や塗り薬を使います。患部が柔らかくなるので、芯をピンセットで取り除けます。しかし、ウオノメの芯は意外と長くて深いので、自宅で試してみてうまくいかないようなら専門の皮膚科を受診してください。
ゆるい靴もできやすい

また、足底のサイズよりもゆるい靴を履いている方。そのような方も、靴の中で足が滑って足指の付け根に圧が集中してタコやウオノメができやすいです。ゼヒ、『UNISHOES』で自分のサイズに合った靴をお試しください! タコやウオノメがなくなるかもしれませんヨ♪

オープン!

みなさんこんにちは。代表の大住です。
小さいサイズの婦人靴専門店UNISHOES<ユニシューズ>4月1日ついにグランドオープンいたしました。

スタッフみんなでポスティングしたり、新聞折り込みや地域新聞へ掲載したりと、2か月間で頑張って告知してきました。
2坪ほどの小さい小さいお店ですが、お客様が期待以上にたくさんいらしていただきました。本当にありがとうございます。

まだ始めたばかりですが、お客様の声をいくつか挙げてみます。
「本当に小さい靴が見つけられなくて困ってたのよー」
「今度からここに来れば靴があるから安心ね」
「やっぱりぴったりの靴を履くと歩きやすいわねー」
「小さいサイズがたくさん選べて楽しくなるわねー」

一番感じたことは、足が小さい人は本当に困っているということです。今回、私自身、靴を買っていただいたことよりも、お客様の悩みを解決できて喜んでもらったことのほうがすごく嬉しかったです。改めてお店を始めてよかったなぁと思いました。

まだまだ困っている人がたくさんいると思いますので、どんどん宣伝していこうと思います。みなさんもお近くに足の小さい人がいたらぜひ教えてあげてください。

小さい靴の婦人靴専門店 UNISHOES 代表 大住慎一郎

プレオープン終わりました~!

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの吉野です

3月のプレオープン、本日で終了いたしました!
予想以上にたくさんのお客様に足を運んで頂き、嬉しい限りです。
本当にありがとうございます。

みなさん、口をそろえておっしゃるのは「本当に22cm以下のサイズの靴は店頭では置いていない」ということ。
スポーツメーカーさんのウォーキングシューズは22cmから作られているものも少なくないはずなのですが…。
置いてないのですね…。

需要が少ないからって切り捨てることないじゃないの…!必要な人が居るのに~!と、なんだか悲しい気持ちになったり…。

靴が足に合うか合わないかで、ちょっと出かけるときの気持ちもだいぶ違うと思うのです。
せっかくのお出かけや、毎日のお買い物をちょっと気持ちよくできる。
そんな歩きやすい靴に出会って頂ければ幸いです。

まだまだ規模も小さいですし、商品点数もものすごくたくさん!というわけではないのですが、いろいろ試し履きをしてみたり、どんな靴が欲しいのかとか、いろいろお話を聞かせてください

皆様のご来店を心よりお待ちしております。