意外と知らない?!靴の種類

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズスタッフの山口です(#^.^#)

 

さてさて、本日は靴の種類についてのお話です。

いまや靴屋さんには色んな名称の靴が並んでいますが、意外と違いを知らないという方もたくさんいらっしゃると思います。そこで簡単にですが、メジャーな靴の名称について違いを載せてみようと思います!

 

まずはパンプスハイヒールについてです。一緒のイメージがあるこの二つ、実はあらわしているのが「靴の種類」と「かかとの高さ」の違いなんですよね。

 

パンプス・・・履き口が大きく開き、ひもや留め具がなく足を滑らせるようにして履く婦人靴の総称。

 

ハイヒール・・・かかとの高い婦人靴。7cm以上のもの。

 

ちなみに、

 

ミドルヒール(中ヒール)・・・かかとの高さが4~6cmの婦人靴。

 

ローヒール・・・かかとの高さが3cm以下の婦人靴。

 

だそうです(*^_^*)

 

次に、最近流行のショートブーツブーティーの違いが何かといいますと・・・

 

ショートブーツ・・・丈の短いブーツ。具体的には、膝とくるぶしの中央より下の丈。

 

ブーティー・・・パンプスとショートブーツの中間くらいの靴。

 

つまり、丈の長さは、ショートブーツ>ブーティーなんですね!

 

あと、よく聞くのはローファーです(^^♪

 

ローファー・・・靴ひもを結ぶ必要がない靴の一種。主に革靴で準フォーマル靴とされている。

 

ではついでに(笑)フォーマル靴についてご説明しますと、冠婚葬祭などフォーマルな場で

ふさわしいとされる靴です。TPOに合わせて選ぶことが大切で、下記の順にフォーマルに適しています。

 

  1. ストレートチップ:つま先に横線が入ったデザインの革靴。内羽根タイプ。
  2. プレーントゥシューズ:少しカジュアルな外羽根タイプの革靴。
  3. メダリオン:革の表面に穴飾りの施された革靴。
  4. モンクストラップ:足の甲にベルトがついたデザインの革靴。
  5. Uチップ:つま先周りがUの字になっている革靴。カントリースポーツに由来。
  6. ローファー

どれもよく目にするものばかりですが、各々の違いがありました!!

 

いかがだったでしょうか?

興味が出たら、靴屋さんの店頭で色々違いを見て楽しむのもおすすめですよ~(^_-)-☆

本日はここまでです☆読んで頂き、ありがとうございました!!

冬の靴のおすすめカラー

こんにちは~☆小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズのスタッフ山口です(^^♪

皆さま、お風邪などひいていませんか?この冬も元気に乗り切りましょうね!!

 

さてさて、ユニシューズのお店もすっかり冬モードに衣替えしております(*^_^*)お洒落であわせやすくて履きやすい・・・スタッフがこだわって一足一足選んだ靴がたくさん揃いました。ぜひ遊びにいらしてくださいね。色合いも今年のトレンドらしく暖色の商品が多く入荷していますよ~!

 

夏のブログでは夏カラーのお話をしたので、今回は冬カラーのことを取り上げたいと思います。

 

上記にも書いたとおり、冬の流行色といえばやっぱり暖色です!特に今年は、オレンジブラウンパープルなどが流行色として目立つそうです。ユニシューズも、赤系と茶系の商品の割合が増えていますね!(^^)!

赤い靴って、女性が一度は履きこなしてみたいと憧れるイメージですが、なかなか難しいと考える方も多いようですね。でも、この時期の赤は茶色との中間色のようなボルドーのものが多いので、上品かつ可愛く足元を彩ってくれます。今の時期にこそ、憧れの赤い靴にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

また、冬の靴で新しく目立つカラーはネイビー(紺系)です。青系統にもかかわらず、どこか温かみを感じさせる優しくて可愛らしい色なので、個人的にもネイビーはオススメです(*^^)

 

あとは、カラーではありませんが、上品な柄物やラメのシューズなんかも何種類か入荷しており、それぞれめっちゃ可愛いですよー(^o^)

 

冬は全身のコーディネートが黒く重くなりがちなので、どこか一箇所は違う色を差し込んであげることで全体の印象が明るく軽くなります。足元をガラッと変えて、この時期もお洒落に明るく楽しく過ごしてくださいね~♪

 

今回の記事はここまでです☆読んで頂き、ありがとうございました!!

靴は金運アップのアイテム!!

こんにちは、小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの山口です!
最近、新しい夏用の靴を新調したので、それをおろして出掛けるのが楽しみで仕方ありません(*^。^*)v

そういえば、先日靴のおもしろい話を聞きました。なんと、靴の扱い方で金運が良くなるのだとか!!これは気になる・・・ということで詳しく調べてみました。

もともと靴を履かせる「足(裏)」は「大地のエネルギーを吸収して運を取り込む一大器官」なので、そこを覆う「靴」によって、取り込む運気が変わるということです。つまり、靴が汚れていたり臭かったりボロボロだと悪い運気を吸収してしまうし、逆に清潔で綺麗に手入れした靴を履くことで良い上昇気流の運気が舞い込むのです。ちなみに、靴の値段が高い低いよりも、ちゃんと丁寧にお手入れしたり磨いたりしているかどうかのほうが重要とのこと。やっぱりモノに感謝して大切に扱うことって大事なんだなぁと改めて思いました。ちなみに靴は動くことを象徴するアイテムなので、良い靴を大切に履いていると運の良い場所へ連れて行ってくれたり、良い出会いをくれたりもするそうですよ~(^.^)

また、風水上で、靴を置いている玄関は金運を大きく左右する場所です。その家庭の金運や財運は玄関から家の中へと入ってきます。あなたの家の玄関に、たくさんの靴が出しっ放しになっていませんか?もしそうなら、すぐにでも片付けることをお勧めします!たたきに出しっ放しの汚れた靴は、せっかく入ってきた良い金運を“踏み潰す”のだそうです・・・恐ろしい(>_<)!!

玄関には、その家の主の靴を一足(他の人の分も置くなら一足ずつ)だけ出して、残りは全て下駄箱の中にしまってください。主以外のいろんな靴が錯乱していると、その主の収入が上がることはありません。ちなみに下駄箱にしまうときの向きは、つま先が扉側(たたきの靴もつま先は入口側)にするのが良いそうです。

いかがだったでしょうか?この話を聞いてドキッとした方は、おうちへ帰ったら今日から靴を大切にしてキチンとしまう習慣に切り替えて良い金運を呼び込んでくださいね!

自分サイズに出会える、ということ

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの山口です。
今朝はムシムシ湿気がすごいですが、負けずに元気よく一日を過ごしたいと思います!(^^)!

ここ最近、お店にいらっしゃってくださるお客様に遠方からの方が増えてきました。皆さま、他の用事のついでではなくユニシューズで靴を見るのを目的に足を運んでくださっているとのことで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
ただ、逆に考えれば、お客様の普段の生活圏でご自身に合うサイズの靴を見つけるのが難しいから、いうことになりますよね。私も、足はありがたいことに一般的な靴店さんで合うサイズですが、昔は今よりずっと太っていて、大きいサイズの婦人服を求めてずいぶん苦労しました・・・(;O;)営業職の時代にはスーツを着ないといけなかったので、それこそ大き過ぎてもピチピチでもいけないので、何軒も何軒もお店を回って探したりしました。それでもまだ服は探しやすいですよね。今は百貨店に大きいor小さいサイズの婦人服を扱うショップが常時入っていたりしますし。さらに、大きいサイズに関していえば、痩せる努力さえすれば、一般的なサイズでも着られるようになります(自分は、これを励みにダイエットを頑張りました(笑))!!でも、足のサイズが小さいというのは、ご自身では本当にどうすることも出来ない・・・きっと、かなり大変なお悩みなのだと思います。

先日いらっしゃったお客様と色々お話していて、すごく印象に残った言葉があります。それは、「(理想の靴を)やっと見つけたー!!」という喜びのお声でした。その方は、いままでしっくりくるサイズの靴になかなか出会うことが出来ず、スニーカーの紐をきつく締めて履いてなんとか対処していたそうです。でも、本当はおしゃれな靴や、デザインの好ましい靴、履いていてラクな靴を履きたかったとおっしゃっていました。実際、ユニシューズに置いてある靴もたくさん試していただいて、やっとその一足にたどり着いたのです。LOIR et CHER(ロワールエシェール)の本革のスニーカーで、特徴は柔らかさとその軽さ!おすすめして試していただいたところ、とても気に入っていただけて私もすごく嬉しかったです。

実際はまだまだスタートしたばかりですが、一人でも多く、小さなお足に悩む方が自分サイズの靴を楽しんでいただけるきっかけを作るお店にしていきたいと思っています。どんな雰囲気なのかなぁというお試しでも、足や靴のお悩み相談でも、気軽に遊びに来ていただければ嬉しいです!!
皆さまのお越しを心からお待ちしております(*^_^*)

雨の日の楽しみ方

こんにちは~!!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズの山口です(^_-)-☆いよいよ6月に入り、お天気も晴れだったり雨だったり、様変わりしてきましたよね。

雨といえば、先日ラジオで面白い話をしていました。それは、「あなたは雨の音が何に聞こえますか?」というテーマでのやりとりです。ある人は大勢が拍手喝采する音に聞こえたり、またある人にとってはお蕎麦をすする音に似ているのだそうです(笑)。さらに絶対音感をもつ人には、雨音がちゃんとした音階を持つ音楽に聞こえるとか!!残念ながら私は平凡な音感の持ち主ですので、その話を聞いた後で雨の音にじっくり耳をすましてみましたが、ドレミファソラシドには聞こえませんでした・・・(-_-;)でも、雨の音を表現する「しとしと」「パラパラ」「ザーザー」「ぽつぽつ」などの表現は、実際の“音”としてはあり得ませんが何となくわかる気がします。ちなみに、こういう擬音語・擬声語・擬態語のことをまとめて『オノマトペ』といって、外国語に比べて日本語では圧倒的に数が多いらしいです。日本人特有の感性のようで、なんだか面白いですね!

また、雨の音は聞く人を落ち着かせるとも言われています。理由は様々な説がありますが、個人的になるほど~と思ったのは、人間はもともと自然の一部なので、人工的ではなく自然現象のなかで生まれ出る音には生物的に調和を感じるのだというものです。また、私たちが赤ちゃんの頃にお母さんのお腹の中で聞いていた血液が流れる音に似ているからだという説もあります。いずれにしても、本能的に雨の降る音に落ち着きや安らぎを感じているんだなぁと思うと、今まではジメジメしてあまり好きではなかった雨がちょっと愛おしくなりました。

そういえば、先日雨ならではの楽しい出来事もありましたよ(^^♪
私は久しぶりに実家に帰っていたのですが、天気はあいにくのしとしと雨降りでした。飼っているテリア犬は10ヶ月でまさに動きたい盛り!!なので、いつものお散歩の時間になっても外へ行けず、残念そうに庭を眺めていました。そこでいつもなら諦めるのですが、犬好きの父親が以前購入していた犬用レインコートの存在を思い出して、せっかくだからと初めて着せて庭で遊ばせることにしたんです。リードも付けず、自由にいつもより広い空間を駆け回る犬の姿は、すごく楽しそうで見ているこっちまでウキウキと和みましたよ(*^。^*)
まぁ~その後には、テンションが上がり泥だらけで逃げる犬を走り回って捕まえてシャンプー&ドライヤーするという大変な作業も待っていましたが・・・(笑)

こんな感じで、基本梅雨は苦手な私ですが、雨の日もそれなりに楽しく新鮮な気持ちで乗り切っていこうと思いました!!
それでは、また次回のブログでもよろしくお願いします(*^_^*)

足に合う靴と出会う難しさ

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店UNISHOESの吉野です。

お店をオープンして2ヶ月経ちました。
みなさん本当に靴を探すのが大変だとおっしゃっていて驚いてます。

うちのお店も今のところはミセス向けの商品が多いのですが、今後はもう少し若い方向けの商品も検討しなければと感じています。

お店に来て頂いた方には、色々履いてみて試してもらうのですが、靴というのはなかなか難しくて、
21.5cmの足の人が21.5cmの靴を何でも履けるかっていうと、そんなことないんですよね。

足の幅が重要で、自分の足の長さと幅を知って、ようやく靴が選べるんですね。

足の長さと幅を選んで、合うはずの靴を履いてみても、靴のデザインによって縫製の仕方が違ったり、甲の高さが合わなかったりすることもあって…。

だから、できるだけたくさんの種類の同じサイズの靴を試せるのがベストだとは思うのですが!
市場に出回っていないので、みなさん困っていらっしゃるのですね。。。

毎年、毎シーズン、新しいデザインが発表されるので、売れ筋ではないサイズが自然と少なくなってしまうのも分かるのですが…。
できるだけ多くの方に、足に合う靴と出会って頂きたいものです。

ということで…。
小さいサイズの靴を求めてUNISHOESがんばります!

小さいサイズの婦人靴専門店UNISHOES 吉野

良いことを習慣化できる人とできない人の一番の違い その2

こんにちは、小さいサイズの婦人靴専門店「UNISHOES(ユニシューズ)」のスタッフ小田です。

今回は以前に書いた「良いことを習慣化できる人とできない人の一番の違い」というテーマの続きです。

「その1」を読んでいない方はまずは読んでみてください。
それでは、まずはおさらいから。

良いことを習慣化できる人とできない人の一番の違いはマインドセットの違いです。

<良いことを習慣化するために持っていて欲しい3つのマインドセット>

1.完璧主義にならない
2.良い習慣を身につけることは、自分を進化させること
3.簡単に手に入るものほど価値は低い

1の「完璧主義にならない」は以前の記事に書きました。今回は2と3のお話です。

「良い習慣を身につけることは、自分を進化させること」について

進化する人しない人

まず、「進化」って何でしょう。

簡単に言うと、進化とはできないことが当たり前のようにできるようになることです。

そして進化には「幅」と「深さ」があります。

進化の幅とは、できることの数が増えていくことで、たくさんの新しいことにチャレンジすることで幅は広がっていきます。
そして進化の深さとは、できることがより上達することで、一つのことを深く追求していくことで進化が深まります。

<進化しない人とはどんな人か>
新しいことにチャレンジしない人
幅が広がりません。
ある程度できるようになったらそれで満足してしまう人
浅い進化で止まってしまいます。

新しい良い習慣を身につけるということは、今までやっていなかったことや出来なかったことを継続できるようになることです。それはまさに進化することを意味します。

このマインドセットを持って新しいことにチャレンジして、さらにひとつのことを追及していくことができれば、自分は進化していき、確実に人生のクオリティは上がっていきます。ぜひ参考にしてください。

それでは最後のマインドセットの話は短くいきます。

「簡単に手に入るものほど価値は低い」について

読んだ通りの意味ですが、これって案外忘れがちになりますよね。

突然ですが、もし仮にドラえもんが存在したとしても、ドラえもんの道具によって得る能力にはまったく価値がありません。

なぜなら簡単に得られるものというのは、一時的なものか、誰にでも簡単に得られるものかのどちらかだからです。またはどちらも当てはまるかもしれません。

今までやってこなかった習慣を身につけるには時間もかかりますし、意思の力も必要ですから、簡単ではありません。

でももし簡単に身につく程度のことであれば誰でもできるということですから、その価値はとても低いということです。

多くの人があきらめて、なかなか達成できないようなことを習慣化できれば、それはものすごく価値の高いものです。

ですから習慣化する上ではぜひこのマインドセットも持っていてください。

最後にもう一度3つのマインドセットを書いておきますね。

<良いことを習慣化するために持っていて欲しい3つのマインドセット>

1.完璧主義にならない
2.良い習慣を身につけることは、自分を進化させること
3.簡単に手に入るものほど価値は低い

本日は以上です。
また再来週です。ごきげんよう。

健康な心をつくる習慣 その1

こんにちは、小さなサイズの婦人靴専門店「UNISHOES(ユニシューズ)」のスタッフ小田です。

健康であるためには心の状態が大事です。なぜ大事なのかということについては、以前の記事「健康は足と心と習慣で決まる」を読んでみてください。

今回「ライフポジション」という言葉が出てきますが、これを知っているのと知らないのとでは、今後の人生のクオリティが全く違ってきますので、興味ある方もない方もとりあえず読み進めてください。

ライフポジションというのは、あなたが人を評価するときに、どんなスタンスで評価するのかを言います。

例えば自分を評価するときに、「俺って最高!」みたいに超肯定的な人もいれば、「俺はなんてダメなやつなんだ」と超否定的な人もいます。

それは自分に対してだけではなく、他人を評価するときにも言えることで、他人を肯定的に評価する人もいれば、否定的に評価する人もいます。

学校の先生の中にも嫌な先生もいれば良い先生もいますよね。

嫌な先生ってなんで嫌なのか、生理的に嫌いだから?
実はその背景にはライフポジションという問題があるのです。

嫌われてしまう先生は、やたらと否定的に人を判断してくる傾向があります。

先生からすると、「お前のために言っているんだぞ」と思っているのでしょうが、否定的に怒ってきたり、「自分の言うことは絶対に正しい」みたいな感じで、支配的に扱われると、誰でも嫌ですよね。

前置きが長くなりましたが、では、ライフポジションとは何なのか。詳しく見ていきましょう。

自分と他人に肯定的なのか、否定的なのか、ライフポジションの組み合わせは以下の4通りです。

<4つのライフポジション>
①自分も他人もOK(お互いOK)
②自分はOKじゃないが、他人はOK(あなただけOK)
③自分も他人もOKじゃない(お互いダメ)
④自分はOKだが、他人はOKじゃない(俺(私)だけOK)
それぞれのライフポジションを解説していきます。

①「自分も他人もOK(お互いOK)」にいる人の特徴
・根が明るい、自由なふるまい、自立している、前向き、思いやりがある、力を出し切れる、自分も活かし他人も活かす、相互に良い影響を与え合える

このポジションで生きることができれば、お互いに相手を尊重しあい相手の立場に立った行動ができるので、自由に振舞えたり、自分の力を出し切ることができます。目指すはこのポジションです。

特に身近な人とこの関係を築けるようにしていくことができれば、人生のクオリティは確実にアップします。

②「自分はOKじゃないが、他人はOK(あなただけOK)」にいる人の特徴

自己卑下をして劣等感を抱いたり、憂鬱になりやすい
「自分はOK」のポジションの人とうまく調和がとれない
へり下る、「すいません」を多用する、新しいチャレンジをしない

この②のポジションの人は、劣等感や憂鬱になりやすく、いつも後悔するなどの感情に浸ることが多くなります。

自分へのダメだしが多くなり、自己評価が低くなり、何をするにも自信がないからパフォーマンスが下がってしまいます。

③「自分も他人もOKじゃない(お互いダメ)」にいる人の特徴

何をするにもやる気がでない、生きる気力があまりない、自暴自棄、なげやり、しらけ

他人からの働きかけも拒否して、自分の殻に閉じこもり、孤立していきます。

④「自分はOKだが、他人はOKじゃない(俺だけOK)」にいる人の特徴

支配的、疑い深い、おびえ、批判的、評価的、攻撃的、暴力をふるう、利己的、責任転嫁

このポジションの人は支配的で強制力を行使したがります。排他的でもあり、自分に賛同しないと排除しようとします。

自分のことが大好きで、他人に全く興味を抱かない人や、
プライドが高く視野が狭いのですが、視野が狭いことに気づかない人もいます。

これらの4つのライフポジションの中で自分はどこに位置しているのかをチェックしてみましょう。

常に同じ場所にいるというより、時と場合により移動しているということが多いです。

人によって居心地の良い場所があって、基本はそのポジションにいることが多いです。自分では案外分からないものなので、身近な人に聞いてみることができれば一番判断しやすいと思います。

常に①にいるのが理想ですが、そんな完璧な人はいませんから、まずは自分のポジションをその都度自覚するようにしましょう。

これは私のブログではよく言うことなのですが、自分にとって良いことであっても悪いことであってもまずは自覚することが大事です。

自覚できないと、自分がそこにいることにさえ気づかずに、ただ流されて過ごしていくことになります。

でも自覚ができれば、そのポジションにいるかどうかを自分で選択できるようになります。

『あ、自分は今④「俺だけOK」になっているから、①の「お互いOK」に移動しよう』という選択ができます。

あとはその①へ移動するやり方を知って、実行するだけです。

それについてはまた次回にします。
再来週までごきげんよう。

健康は足と心と習慣で決まる

こんにちは、小さいサイズの婦人靴専門店「UNISHOES(ユニシューズ)」のスタッフ小田です。
前回の続き「良いことを習慣化できる人と出来ない人の一番の違い その2」を書こうと思ったのですが、その前に別の話を挟みます。

私のブログ記事には足の健康以外に、習慣やマインド(心)の話がでてくるのですが、その理由の部分です。今回の記事を読んでいただければ、健康についての意識も高まると思いますので、最後までお付き合いください。
健康的に生活するために必要なのは・・・
あなたは健康的に生活するためには、何が必要だと思いますか?まずは、元気に歩ける健康な肉体が必要ですよね。
でもいくら体が健康でも、イライラしたり、不安になったりすることが多いとそれは健康的な生活とは言えませんよね。イライラや不安が多いということは心が不健康ということです。
だから、健康的な生活をするためには<健康な体+健康な心>の両方が必要なのです。
車でいうと、健康な体が車体で、健康な心がガソリンになります。いくら頑丈な車体でもガソリンがなければ動きません。どちらが欠けても健康的な生活は難しくなります。

 

健康な体は足からつくる
いつまでも元気に歩ける健康な体を作るうえで重要なのは、体の土台となる足の裏です。
重力で常に負荷がかかっている体を、一番下から支えている足の裏は、第2の心臓と呼ばれるほど重要な部分です。
自分のサイズに合わない靴を履いていると、足の裏の形が歪んでしまい、それが原因で体全体のバランスも崩れてしまいますので、自分に合う靴を選ぶことはとても重要なことです。
だから「UNISHOES(ユニシューズ)」のブログの中で、足の裏や靴については、今後も詳しい内容を載せていきますので、楽しみにしていてください。

 

わかっちゃいるけど続かない
健康な体は足からつくると言いましたが、足は大事なんてことは多分誰もが一度は聞いたことがあると思います。
でも実際に足のために何か運動をしている人は少数派ですよね。 大多数の人は、良いのは知っているけど、実行していないということです。
自分にはまだ必要ない、いそがしい、時間がない、めんどうくさいなど理由は様々だと思いますが、やっていないという事実はみな同じです。
歩くなどの良い習慣を身につけるということはそれだけ難しいということなのです。
わかっちゃいるけど続かないという壁を越え、良い習慣を身につけるためには、行動を継続するための心の燃料(健康な心)が必要となります。
だから私の記事では、足の裏などの健康な体の話だけでなく、良い習慣の話や健康な心の話にもかなり触れていきます。

 

良い習慣とは・・・   良い習慣とは自分の人生のクオリティを上げるために、継続している行動や考え方などをいいます。   健康な体をつくるために歩いたり運動することや、健康な心を維持するために学ぶことも良い習慣です。

健康な心とは・・・   健康な心と聞くとかなり抽象的な言葉ですが、自分の人生のクオリティを上げるための考え方や精神状態のことを健康な心といいます。

良い習慣も健康な心もどちらも人生のクオリティを上げたいという人にしか関係のないことです。ここまで読んでいる方には関係大ありですよね。いっしょに人生のクオリティを上げていきましょう!   今回はさらっと全体像だけにしますので、健康な心の具体的内容については、今は以下のように思っていてください。

  • イライラや不安、怒り、あせりなどを上手にコントロールできる安定した心の状態
  • 習慣化するための心の燃料(やる気や意志力やマインドセット)

今回のお話で、健康は習慣によってつくられ、そのためには体だけでなく、心も健康でなければならないということはなんとな~く分かっていただけましたでしょうか。
いつも長々としたややこしい話に最後までつきあっていただきありがとうございます!
本当に読んでいる人がいるのかと不安を覚えつつ今回はこの辺で失礼します。 ではまた再来週までごきげんよう。

小田