革のお話<2>

こんにちは!小さいサイズの婦人靴専門店ユニシューズスタッフの山口です(^^♪
今回は前回に引き続き、革の素材についてお話したいと思います!!【本革】の次は、いますごく色々なところで使用されている人工的な皮革【合成皮革】【人工皮革】についてです。

まずは【合成皮革】ですが、これは布地をベースにして、その上に樹脂を塗ることで、表面層を天然の革に似せて作った素材のことです。合成樹脂を表面に塗って型押しすることで見た目は革っぽくなりますが、匂いや手触りまで再現するわけではありません。また、合成樹脂にはポリウレタン樹脂や塩化ビニールを使うので、わかりやすく言うとプラスチック製・ビニール製になります。“合皮”とも呼ばれて、車のシートやソファなどにも多く使用されています!

一方の【人工皮革】ですが、これは化学の力を使って、見た目だけではなく天然の皮革の機能や構造に限りなく近く作った人工素材です。加工方法は、上の【合成皮革】では布地がベースでしたが、【人工皮革】では布に合成樹脂を染み込ませて加工し、それをベースに更に上から合成樹脂を塗ることで、より天然の皮革に似せることが出来ます(゜o゜)!!耐水性が良く、靴や衣料品に使用されることが多い素材です。

この人工的な皮革【合成皮革】【人工皮革】は、大半がポリウレタン樹脂を使っているので、使用するときには次のことに注意してくださいね(^_-)-☆
●もし濡れたときは乾いたタオルで水分を拭き取ってください。
●使用後は陰干ししてください。
●高温多湿や直接日光にあてることは避けること。
●ビニール袋に入れっ放しにしない。
●コーティング面に直接アイロンをかけないようにする。
などなど。このポリウレタンは、人間の脂や空気中の水分・熱・紫外線・大気ガスの影響を受けて時間が経つと少しずつ分解されていきます(*_*)

ちなみに、簡単に【本革】と人工的な皮革(【合成皮革】【人工皮革】)のメリット・デメリットをまとめると・・・

【本革】
メリット:高級感があり、使用すればするほど風合いが出て長持ちする。通気性が良い。
デメリット:価格が高い。耐水性が低い。手入れが大変。

【合成皮革】【人工皮革】
メリット:手入れがラクで、価格が本革と比べて安い。耐水性に優れる。
デメリット:だんだん劣化してくる。本革より通気性が劣る。
という感じです。
どちらの素材にも良し悪しがあるので、好みや用途に合わせて素材選びをすることが重要
だと思いますよ~(*^_^*)

以上、簡単にですが革のことをまとめてみました!
普段なにげなく履いている靴ですが、その素材を詳しく知ることで手入れ方法や使用する際の注意点も変わってきますし、さらに愛着をもって使っていただけるかなぁと思います。

それでは、本日はこのへんで失礼します!ありがとうございました(@^^)/~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA