靴との上手な付き合い方

突然ですが、辞書によると『習慣』とは「長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まりのようになっている事柄」ということです。

もしかすると、小さいサイズの婦人靴専門店『UNISHOES』のブログをご覧の皆様も靴をダメにしてしまう習慣が身についているのかもしれません。

そこで、今回は“靴をダメにする習慣と靴寿命を延ばす方法”について書こうと思います。

皆様が意外と知らない靴をダメにする習慣と靴寿命を延ばす方法を3点ご紹介。
「毎日面倒くさいお手入れをしてください」とは言いません。日々のちょっとしたことの積み重ねで靴の寿命が延びるのです。ご参考ください。

ダメな習慣と靴寿命を延ばす方法

靴をダメにする習慣①
付属の靴ヒモを疑わずに使っている

靴を購入したときに箱に入っている付属の靴ヒモは、その靴を履く人の足のサイズにあらかた合うであろうとメーカーさんが考えた長さ。なので、自分の足に合わない可能性が少なからずあります。例えば、足の長さと幅がその靴に合っていても、甲高の人は靴ヒモの長さが足りず結ぶのに苦労するなんてことも・・・。逆に甲の低い人は靴ヒモが余るので、長すぎる靴ヒモを自分で踏んで靴を傷めてしまうこともありえます。靴ヒモの長さが合わないときは、迷わずに適正な長さの靴ヒモを買い換えるべきです。

靴寿命を延ばす方法①
適正な長さの靴ヒモに買い換える

靴をダメにする習慣②
靴を脱ぐ際にヒモをほどかない

靴を脱ぐときに靴ヒモをほどかないという人は結構いると思います。しかし、靴を脱ぐときに片方の足の靴底でもう片方の靴のカカト部分を踏み込みながら“ズポッ”と足を抜いているなんてもってのほか。靴の寿命を大きく縮めてしまいます。また、靴へのダメージでカカト部分が柔らかくなってしまうと、靴の中でカカトが安定しません。面倒だと感じるかもしれませんが、靴を脱ぐ際は靴ヒモを緩めることが大切です。

靴寿命を延ばす方法②
靴を脱ぐ際にヒモを緩める

靴をダメにする習慣③
靴が濡れたらドライヤーで乾かす

「急に雨が降ってきて靴がびしょ濡れ。でも、すぐに履きたいからヘアドライヤーで乾かそう」という経験はないでしょうか。もちろんヘアドライヤーを使えば靴はすぐに乾きます。しかし、ドライヤーの熱は靴の変形の原因。靴の表面と靴底の接合に接着剤を使用している場合は接着面が剥がれたり、革靴の場合は革が劣化する可能性があります。雨で濡れてしまったら、表面の水分は布などで軽く拭き取って、靴の中に乾燥剤や新聞紙を入れておきましょう。

靴寿命を延ばす方法③
靴が濡れたら布で拭いて乾燥剤を入れる

靴を大切に

ちなみに、上記3点のほか、湿度の高い場所に靴を長いこと保管しておくとカビの原因になるので要注意です。

正しく脱いで正しくしまう、汚れたら拭いてあげる。最初はこれだけでOK。だんだんと愛着が沸いて積極的にお手入れをするようになれば、お気に入りの靴は長きに渡って足をサポートしてくれるハズ。

『UNISHOES』で購入した靴を気に入ってくれて大切に使って欲しいなぁ~と、しみじみ思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA