3つの靴の日

コンニチハ、リバー島です。
ブログをご覧の皆様はホワイトデーや結婚記念日、国民の祝日などの記念日をキチンと祝っていますか? ボクは過去に嫁の誕生日をド忘れして怒られた経験があります。ハイ。
今回のブログは豆知識として“靴に関する記念日”を紹介したいと思います。

 

靴に関する記念日

1年365日すべての日が『○○の日』と名付けられていることをご存知ですか?     毎日いろいろな記念日がありますが、今回は靴に関する記念日を調べてみました。世間一般ではあまり知られていない靴の記念日を3つご紹介。記念日は特別な由来があるもの以外は、語呂合わせによる制定が多いみたいですヨ。
靴の記念日

3月15日は日本靴連盟が1932(昭和7)年に制定した『靴の記念日』です。    1870(明治3)年のこの日、東京・築地の入船町に日本で初めて西洋式の靴の工場「伊勢勝造靴場」ができました。国内で靴の製造が始まった日が靴の記念日というワケ。    工場ができたキッカケは、輸入した軍靴が大きすぎるので日本人の足に合う靴を作るため。陸軍の創始者・大村益次郎が千葉県佐倉の藩士・西村勝三に勧めて工場ができました。最初に大量生産されたのは軍靴でしたが、紳士&淑女の靴も造られるようになったということです。

 

ダイアナくつの日

9月2日は東京の銀座に本店を置くダイアナ株式会社が1992年に制定した『ダイアナくつの日』。
同社は婦人靴を中心としたオリジナルブランドの販売を全国展開。ダイアナの靴の素晴らしさをより多くの人に知ってもらうのが目的。日付は9と2で「靴(くつ)」と読む語呂合わせ。

ちなみに9月2日は「く(9)じ(2)」の語呂合わせで宝くじの日にもなっています。

 

キャタピラン(靴ひも)の日

9月21日は千葉県船橋市に本社を置く株式会社ツインズが制定する『キャタピラン(靴ひも)の日』。
同社はさまざまな生活雑貨を企画・開発・販売。自社商品の結ばない靴ひも「キャタピラン」を通して“靴ひもの大切さを広める”ことを目的に同記念日を制定。
靴ひも「キャタピラン」は、ゴムひものような伸縮性と締め具合を自在に調整できるコブ状のふくらみが特徴。そのため、靴を履く時に靴ひもを緩める必要がなく、靴を脱ぐことが多い日本人にはとても便利な靴ひもです。    日付は9と21で「くつ(92)ひ(1)も」の語呂合わせから。

 

婦人靴の日?

いずれ、小さいサイズの婦人靴専門店「UNISHOES」も日本記念日協会に登録申請をして記念日を制定したいものです。
たとえば、2月29日を「ふ(2)じ(2)んく(9)つ」の語呂合わせで『婦人靴の日』とか。閏日なので4年に1日しか訪れないですが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA